豊橋口の鉄道ブログ

コメント、トラックバック、リンクなどなど全てフリーです。 基本的に更新は日曜日、それ以外も更新します。

セノハチ用桃太郎

こんばんは
台風での被害は大丈夫でしょうか?こちらは先ほど停電が復旧しまして・・・

それともう一点、前回まだ選考中だったのですが・・・内定が決定しました!
どこの会社とは言えませんが、県内に工場のある会社です
完全に私事ですが、一応皆様にご報告です。

さて、本題に入ります。
本日、台風の中セノハチ用のEF210が甲種輸送されました
なぜか東京の方からやってきたのですが、なんかの試験にでも使用されていたんでしょうか?
IMG_0001_20120930220750.jpg
前回、残り数が3両になっているとか書いた0番代の牽引です。
3両になっているのは稼働数です、休車等で現存しているのは10両近くあるかと思います。
IMG_0002_20120930220749.jpg
普通のEF210とはこちら側からでは何も変化が無いように見えます。
黄色の線が入っているだけでしょうか?
走行開放が無くなった現在ではデッキも必要が無いみたいですね
そもそもセノハチってなんぞ?と思っている方も居るかもしれません。
山陽本線の瀬野~八本松の間にある大山峠の所です。
なぜ補機が必要かというと、22.6‰の急こう配があり
電車ならモーターの数が多いので上れるのですが、機関車牽引の貨物列車だと重たく、峠を登りきれないので補機が必要なわけです
基本的には貨物列車だけなんですが、昔は電車にも補機が付けられたようです。
ここを走行していたブルートレインには補機の取り付けは行われていませんでしたが、EF58等の旧型機関車が牽引に当たると補機が取り付けられ、走行開放まで行ったようです。
とまあセノハチの説明としてはこんなとこでしょうか?
補機の付いた峠としては、碓氷峠と板谷峠が有名ですかね?

カメラを点検に出していたので久しぶりにカメラを握って撮影に行きましたが、ここまで悪条件になるとは思ってませんでした(笑)
まだまだ撮りたいものがたくさんあるのでここから消費していきたいと思います!

2012/09/30
スポンサーサイト
  1. 2012/09/30(日) 22:33:50|
  2. 貨物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

しみゞ

Author:しみゞ
時にのんびり、稀に頻度に更新していきます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

設定画面
■標準系
千秋の3次元or2次元ch(閉鎖中)
■鉄道系
鉄道ウォッチング
My Railway's Life +私事
うみの鉄ブロ
阪神9000系の水の都のうえすとぷられーる録
鉄道車両見聞録(新・ブログ版)
「アンパンマントロッコで笑顔と元気をお届け!」 応援&記録サイト
平らな部屋

ブログリンク追加(ご自由にどうぞ)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる